会社の取り組み

御浜ファームの取り組み

よりよい社会へ

経営ビジョンに基づいて、「安全、安心、ゆとり」の職場をつくるために 従業員の安全意識の向上促進を目的とする『安全の会』 従業員間のコミュニケーション促進と福利厚生の充実を目的とする『コミュニケーションの会』 (通称:これでいいん会)を発足し、毎月ミーティングを行っています。


廃棄物飼料化への取り組み

御浜ファームでは、食品副産物や廃棄物などの飼料化への研究や推進活動を、日々取り組んでおります。

おから
パイナップル等(カット後)

問い合わせは御浜ファーム福田 TEL 090-7954-0875までよろしくお願いします。


環境保全への取り組み

御浜ファームでは、環境保全の一環とし、牛舎の屋根にソーラーパネルを設置しております。総電力は1MW(メガワット)です。


安全の会

より安全な職場となるように、各部門からひとりずつメンバーを選出し、不安全な場所・行動を見直し毎月、安全目標を掲げ、従業員の意識向上を促しています。
毎月第2火曜日には、安全委員が中心となり、『安全大会』を行っています。


コミュニケーションの会

従業員間のコミュニケーションの促進と、福利厚生面の充実を図るように、メンバーでいろいろな企画を考え、実行しています。
例えば、2ヶ月に1度、社内報『ファームの風』発行。スタッフのレベルアップを目的に、月1回、外部から先生を招いた勉強会種付けスタッフのためのミーティングを開いています。


地域とともに

当牧場では、地元の学校の見学、体験学習を積極的に受け入れています。
H16年は、見学・写生に小学校が4校、訪れました。体験学習では中学校3校(5名の中学生)が体験しました。熊野市・南牟婁郡の小・中学校の給食では、当牧場で搾乳した牛乳を納めている『大内山牛乳』が飲まれています。そのことを知ると、より身近に感じてくれる生徒さんが多いようです。

小学生の写生の様子
中学生の体験学習の様子
牛とのふれあい